『セラピー占いプラス』公式LINEページスタート!

友だち追加数

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログ

2018.04.26

彼のこと好き?倦怠期?わからない

このエントリーをはてなブックマークに追加

恋愛における学習性無力感

実は恋愛のなかでも学習性無力感があります。

職場や学校でよくあるあれです

【学習性無力感】

よく男女の別れの原因にもなる「価値観の違い」にも関わることです。

その前に、学習性無力感とは何なのでしょう?
簡単に説明致します。

学習性無力感は、アメリカの心理学者セリグマンとマイヤー達が犬を使った実験により、1967年に提唱した心理学の理論です。

スチューデントアパシーや燃え尽き症候群とも呼ばれています。

倦怠期とは違うこと

人間は生活をしているとうれしいこと、楽しいこと、悲しいこと、苦しいことさまざまな経験をします。

さまざまな経験をする中で自己否定をされたり、大きなストレスや苦痛を感じたことが原因で意欲が低下していきます。

恋愛においては相手への不満を訴え続け、改善を求めるも、一向に改善されず、解決しないままの状態で時間だけが経過してゆく。

求める側のあなたが危ない!

そのためストレス過多となり、諦められないまま心が萎縮し愛情の無力感、脱力感、となるわけです。

恋愛関係を維持するためにも切実に訴え続けてきたが、理解してもらえない。

精根尽き果ててしまうと言った状態になるため恋愛感情を維持することは、もはや不可能となります。

周囲に相談をしても、受け流される事が意外と多く、切実な問題となります。

「もうこれ以上自分にはできない」「何を言ってもも無駄」だというあきらめの意識が芽生えて、やる気にも影響を及ぼすため、生活全体にまで悪影響が及ぶ場合もあります。

身内や友人など周囲に相談をしても、倦怠感的な症状が出ている場合には、「頑張りなさい」、「我慢するしかない」、「よくある話しだから」、「しっかりしなさい」など追い詰められることになります。

二人で話し合いをしても、いつも平行線ばかりだからと簡単に考えてると別れは着実に近ずいてきてますよ!

トラックバック

トラックバックURL:

札幌出張占いオフィス

白石オフィス

北海道札幌市白石区平和通り16丁目北5-1

手稲オフィス

北海道札幌市手稲区 富丘34丁目10-30キロバビル2F

TEL 090-2871-9789

予約受付時間 

AM11:00~PM20:00

定休日 不定休

検索